photo by kind courtesy of @atuktekt (*click the photo for details)

2015/06/17

Translation: A letter from an American 4th grader to PM Abe on peace

Special Translation: A letter from an American 4th grader to Prime Minister Abe about being a leader in the crusade against all wars (draft)


Source: http://in-the-eyes-of-etranger.blogspot.jp/2015/06/blog-post.html?spref=tw

Background: According to various sources in the Japanese news media, in late April through early May (presumably)of this year, on the occasion of the Review Conference on the Nuclear Non-proliferation Treaty (NPT) held at the UN Headquarters in New York, a group of Hibakushas from Japan (those victims who were directly exposed to and suffered the effects of a nuclear bomb blast or radiation; a.k.a. "the A-bomb sufferer") visited the UN both as guests in the Conference and as part of their advocacy campaign to abolish nuclear weapons.

During their stay in New York, one of the participants to the Conference and the sole victims organization in Japan, Hidankyo (Japan Confederation of A-Bomb and H-Bomb Sufferers Organization) organized a lecture program in New York's elementary schools to have actual Hibakushas talk about their actual experience with the A-Bomb. One of them was Sumiteru Taniguchi, a 86-year-old survivor from Nagasaki who visited possibly to make his final statement to the world. (See: http://ajw.asahi.com/article/behind_news/social_affairs/AJ201504260018 )

During his lecture session in the local schools, Mr. Taniguchi reportedly met a local American boy who was deeply affected by his tragic experience, who became so intrigued by the subject that he visited Mr. Taniguchi in his hotel room for a private interview.




After the interview and his experience in reporting the results of that interview to his classmates, the boy reportedly wrote a hand-written letter addressed to Prime Minister Abe, and handed it to the members of Hidankyo praying it will reach Mr. Abe.

The original hand-written letter is yet to be discovered, but an electronic typed-out version of the letter appeared in one of the anti-nuclear advocacy group's website (the Gensuikyo website). The letter, presumably translated from English to Japanese, is only available in Japanese.

So I decided to reverse-translate the (presumably) originally English-written letter into English.

Below is a draft translation of that letter, originally written by Lewis Lorentz (spelling could be incorrect), an amazing nine-year-old American-Japanese boy from New York who pleaded to PM. Abe not to end the proud and precious legacy of Japan's unique pacifism.

I do not know the level of vocabulary of an ordinary fourth-grader in today's America, but I will do my best to imagine and depict how a nine-year-old would plead for and preach peace to another nation's leader.


--



Dear Mr. Prime Minister Abe,

My name is Lewis Lorentz.

I am nine years old.

I live in Manhattan, New York and I attend a supplementary school during Saturdays to learn Japanese.

When I was seven, I visited the Holocaust Memorial in Washington D.C. and learned about the sad history of the Jewish people during the Second World War.

I wanted to know why such a horrible thing could happen and I began studying about it.

Then I learned about the atom bomb dropped on Hiroshima and Nagasaki. I wanted to learn more about the atom bomb so I asked my mother to buy me a book on the atom bomb. But all it was written in the book was about the kinds of bombs that were dropped on Hiroshima and Nagasaki and how they ended the war.

I wanted to know more.

So I asked my mom to take me to Hiroshima when I was eight years old. And I went to the Hiroshima Peace Memorial Museum. I was so afraid but I wouldn't know the truth if I don't have a good look at it. So I gathered my courage and had a good look.

There were many horrible pictures. I couldn't believe such thing could happen just 69 years ago. And I learned about a nuclear bomb that has 250 times the power of the atom bomb and that there are many of these nuclear bombs all around the world.

When I came home to New York, I asked my classmates if they knew about the horrible things that happened there.

Nobody knew about it.

Half of my classmates are American and half are from Europe. So if they don't know, then may be most of the kids around the world don't know about the nuclear bomb.

That made me really sad.

I am not a very good talker, so I thought about how I can tell about the stories of Hiroshima and Nagasaki.

As a result, I came up with the idea to write a book explaining about the nuclear bomb that is easy for kids to understand; a book that tells the story about a "world without wars" or "world without nuclear weapons" and a" peaceful world where all countries can be friends" that I always dream about.

And with the money I made from selling my books, I thought about buying books on Hiroshima and Nagasaki and donate them to grade schools all around the world.

I met a Hibakusha who was visiting New York and a physician who has been treating the Hibakusha's mental well-being, because I bumped in to things I don't understand when I was studying, and I wanted to find out if these things that I'm studying really happened.

I asked him how hot it was.

He said metals melted in just three seconds.

He said human skin and flesh also melted in just three seconds.

When you broil a fish, it takes about 3 minutes for the fish to turn dark. Three minutes is 130 seconds. So you can see how hot the atom bomb was. And when you broil a fish, the flesh doesn't melt off.

I also asked him how much pain he was in.

He said it was beyond the limit of pain he could stand.

Taniguchi-san, a Hibakusha, hasn't been able to sleep well for seventy years even after his wounds healed.

Taniguchi-san said that he's seen hundreds of flies laying eggs in his wounds and maggots growing out of them immediately and crawling into his own body. He said he felt the pain of his rotten flesh being eaten by them.

I asked him why he didn't move so that flies will fly away.

He answered, " I couldn't move an inch with so much pain and I wasn't in a state to even think about moving."

If a maggot was eating off my body, it would be so disgusting and I would be so afraid. So I couldn't imagine what kind of state he was in when you can't even think about that.

He showed me his back, all bumpy with burns, and his chest, all rotten to his bones and deformed, and his heart, stuck between the rotten bones, but still beating.

When I saw them, I was so frightened that I couldn't come near him for a while.

Why does Taniguchi-san have to go through such a horrible life? He did nothing wrong?

It made me really, really sad.

The physician who has been treating the mental being of Hibakusha patient said, "The Hibakusha can only talk about one-tenths of what actually happened. Their experience was too horrible that they can't tell everything."

It frightened me that this was only one-tenths of the truth and made me think. How horrible would it be if they told hundred percent of their story?

The day after I visited the UN (April 28), I presented in my class about what I learned from my interview with the Hibakusha at the UN.

My first question was,

"How many people know about the atomic bombing of Hiroshima and Nagasaki?"

But there was no one in the class who knew about it.

It made me so sad that I had to hold my tears in my eyes while my voice trembled.

On May 7, I had one another chance to present to the class.

I was going to tell the truth about the atom bomb to everyone. But the Principle stopped me in the middle of my presentation.

But at the end of my presentation, I still managed to tell them that I hoped for peaceful world without wars. I could only talk about like 5 percent of what I really wanted to tell. I really wanted to finish the presentation.

I heard that Mr. Prime Minister Abe is trying to change the laws so that Japan's Self-Defense Force can participate in wars. I said, "That's a lie! It can't be true!" Then my mother showed my one of Japans TV news programs.

It wasn't a lie. I couldn't believe my eyes.

Seventy years ago, the people of Hiroshima and Nagasaki was killed like bugs. I can't even kill a bug. But they died for OUR peaceful of future. They died proving how dreadful a war can be.

If Japan's Self-Defense Forces are to participate in wars, why did so many people die and suffer in that war in the first place? What for? Why are you repeating the same thing?

Japan should be a leader telling the world that, as the only country that has been attacked by a nuclear bomb, say "no to all wars".

If Japan is to participate wars, the whole world will think that they can also participate because Japan is also joining! That's the same as saying, "Going to war is not a bad thing but a good thing. So killing people is a good thing!"

If Japan is to participate in wars, countries all over the world will start going to wars and the Earth will become a planet of wars!

And then, the Earth will perish.

For world peace, Japan should never participate in any wars. Wars kill people. It destroys everything. It doesn't solve anything. Instead it creates bigger problems.

Children around the world don't even know about the horrors of the atomic bomb or wars. The only people who really knows how frightful they are, are the Japanese people.

To make the world a peaceful place, only Japanese people can tell the world how truly terrifying a war is. Japan must always remain a role model to the rest of the world.

Translation by: Office BALÉS

2015/06/09

緊急転載: 被爆者の証言を取材したアメリカの9歳の少年が安倍首相に宛てた手紙(6/14更新)

ある被爆者の証言から広島・長崎原爆投下の現実を知ったアメリカの9歳の少年が、安保法制の制定にひた走る安倍総理に最近宛てた、切実なるお願いの手紙。毎日新聞も取り上げたその手紙の全文転記です。是非読んでみて下さい。(※誰でも読みやすいよう文字を大きめにしてあります。)

原水協サイトより)※非公開前のキャッシュの記録はコチラ (6/14追加)


安倍総理へ

僕の名前はローレンツ ルイスです。

9歳です。

ニューヨークのマンハッタンに住んでいます。

土曜日は日本語の補習校に通っています。

僕は7歳のとき、ワシントンDCにあるホロコースト(ユダヤ人大量虐殺)記念博物館に行きました。そこで第二次世界大戦中のユダヤ人の悲しい歴史を知りました。僕はどうしてこんなひどい事が起きたのか知りたくて 勉強していくうちに、広島と長崎に原爆が落ちたことを知りました。僕は原爆の事を知りたくて、お母さんに原爆の本を買ってもらいました。

その本には原爆の種類と広島と長崎に原爆を落として戦争が終わったとしか書いてありませんでした。

もっと知りたかったので、僕が8歳の時に広島に連れて行ってもらいました。

そして広島平和記念資料館に行きました。僕は怖かったけどしっかり見ないと本当のことがわからないので勇気を出して見ました。

とても恐ろしい写真がたくさんありました。こんな事が本当に69年前にあったのか信じられませんでした。
そして原爆よりも 250倍も大きな力がある核のことも知り、その核爆弾は世界にたくさんある事も知りました。

ニューヨークに帰って来て、こんなにひどいことがあった事を知っているかクラスのみんなに聞きました。
でも誰も知りませんでした。

僕のクラスメートの半分はアメリカ人で半分はヨーロッパから来ています。

みんなが知らないという事は、世界中の子供達は原爆の事を知らないかもしれないと思ったら、とても悲しくなりました。

僕はあまり話すのが上手ではないので、どうやったらみんなに広島や長崎のことを知ってもらえるか考えました。

考えた結果、子供にも分かりやすいように原爆を説明して、僕の願っている『戦争のない世界、核のない世界、国と国とがお友達になる平和な世界』を伝える本を書きたいと思いました。

そしてその本を買ってくれたお金で、広島と長崎の本を買って世界中の小学校に寄付しようと思いました。

勉強していくうちに分からない事がでてきたことと、本当にこんな事があったのか確認するために、ニューヨークの国連に来ている被爆者と、被爆者の心の治療をしてきたお医者さんに会いました。

どのくらい熱かったのか聞きました。

鉄は3秒で溶けました。

人の皮膚や肉も3秒で溶けました。

魚を焼いて魚の皮が黒くなるまでに3分はかかります。3分は180秒なのでどのくらい原爆が熱いのか分かります。しかもいくら魚を焼いても肉は溶けません。

どんなに痛かったのかも聞きました。

痛みと感じる限界を超えていたそうです。

被爆者の谷口さんは、傷が治っても痛みで70年間1日もきちんと眠れた事がありません。

谷口さんは、傷口にハエが何百も卵を産んで、あっという間に卵からウジ虫が出て来て、そのウジ虫が自分の体の中に入っていくのも見えたし、 腐った肉を食べられている痛みも感じました。

僕は、動けばハエも逃げるのにどうして動かなかったのか聞きました。

「痛すぎて1ミリも動けなかったし、そんなことを考えられる気持ちもなかった」と答えてくれました。

もし僕の体を虫が食べていたら、気持ち悪いしとてもこわいです 。そんなことも考えられないというのはどんな状態なのか僕には想像が出来ません。

やけどでボコボコになっている背中や、骨が腐って変形している胸や、 腐った骨と骨との間に食い込んで動いている心臓を見せてもらいました。

僕はそれを見て怖くて近づけませんでした。

谷口さんは何も悪い事をしてないのに、どうしてこんなにつらい人生を送らなければいけなかったのかとても悲しくなりました。

被爆者の心の治療をしているお医者さんは、 「被爆者達が今話している事は本当にあった事の10%しか話していないんだよ 。あまりにもひどすぎる経験をしているから全部は話せないんだよ」と教えてくれました。僕はこれが10%なら、もし100%の話を聞いたらどんなに恐ろしい話になるのか怖くなりました。

国連に行った次の日(4月28日)、クラスのみんなに国連で被爆者に会ったことを発表しました。

はじめに「広島と長崎の原爆を知っている人はいますか?」とクラスのみんなに聞いたとき、誰も知っている人がいなくて、悲しくなってきて目に涙がたまってきて声がふるえてしまいました 。

5月7日にもう1回クラスのみんなに発表する時間を作ってもらいました。

僕は、今度は原爆の本当のことを伝えるつもりでした。

でも途中で校長先生に止められてしまいました。

それでも最後に「僕は戦争のない平和な世界にしたいです」とみんなに伝えました。まだ話したかった事の5%しか話していなかったので、最後まで発表したかったです。

安倍総理が、日本の自衛隊を戦争に参加出来るように法律を変えようとしていると聞きました。僕は「そんなの絶対にウソだ!」と言ったら、お母さんは日本のニュースを見せてくれました。ウソではありませんでした。僕は本当に信じられませんでした。

70年前、広島や長崎の人たちは虫を殺すように殺されました。僕は虫も殺せないのに。僕たちの平和な未来のために死にました。戦争がどんなに恐ろしいのかを証明して死にました。

日本の自衛隊が戦争に参加する事になったら、何のために戦争でたくさんの人が苦しんで死んだの?何で同じことを繰り返すの?

日本は原爆を落とされた唯一の国だから、「戦争は絶対にいけない!」と世界のみんなに言い続けていくリーダーの国です。もし日本が戦争に参加したら世界のみんなは「日本も戦争に参加しているし、僕たちの国も戦争をしてもいい」と思ってしまいます。

それは世界に「戦争をする事は悪い事ではなくて良い事です。人を殺すのは良い事です」と言っているのと同じです。そして日本が戦争に参加することになったら、世界中の国がどんどん戦争をはじめて、地球は戦争の世界になってしまう。

そして地球はなくなります。

世界平和のために、日本は絶対に戦争に参加してはいけない国なのです。

戦争は人を殺す事です。全てのものをこわします。戦争は何の問題も解決しません。それどころか戦争はとても大きな問題を作るだけです。

世界中の子供達は 原爆や戦争の怖さを知りません。でも本当の怖さを知っているのは日本人だけです。そして世界が平和になるために、戦争の本当の怖さを伝えるのも日本人しかできません。日本はいつまでも世界のお手本でいなくてはいけません。




■2015.06.12追記 要約文の存在を確認


11日付けの『岩田行雄の憲法便り・日刊憲法新聞』によると、この手紙の要約版が、6.11の国会前集会で読み上げられたそうです。政党代表の挨拶で、日本共産党の藤野保史(ふじの やすふみ)衆議院議員が読み上げたのだとか。

『憲法便り』によれば、藤野議員は、ルイス少年が手紙を託した日本被団協の方から、演説の当日にこの要約版を受けとったのだそう。上記のように全体は13頁もあるところを、被団協が演説用に要約したみたいです。直筆のメモもありますね。最後の、「これが世界の声じゃないでしょうか」という走り書きは、演説の締めの文として議員が自ら足されたのでしょう。

■2015.06.13追記 原文の存在の調査

当ブログでは、原文(英語の想定)の存在を確かめるべく、ブログ転載当初から、ローレンツ親子のあらゆる綴りを想定してネット調査を行ってきました。しかし、ローレンツ親子が全くの一般人のせいか、サーチにはまったく引っかかりませんでした。したがって、13日現在、(英語)原文の存在は確認できていません。

当初、”原文”と思われる文書は原水協のページにPDFとして掲載されていましたが、現在は掲載されていません。その後、こちら①と、こちら②の個人ブログに転載されていたのですが、ブログのオーナーに確認したところ、①の方は、”転載元”から「非公開で」とコメントがあり、非公開にしたそうです。この”転載元”が、②の個人ブログなのか、それとも原水協なのか、或いは被団協なのかは、憶測の域を出ません。②の方には、現在のところ確認がとれていません。

06.14追記)①の方が当ブログをご覧になり、以下コメントを下さいました。

「①の私の所に来たコメントは原水協の個人名の方です。非公開にしたので同じく非公開でという内容です。私のブログだけでも2〜3000の訪問者だったのでルイス少年を思い遣っての処置だと私個人としては思っています。」

ただ、ルイス少年に関する過去の報道記事を遡ったかぎりでは、ルイス少年は母親のケイさんの力を借りて、なんとか本を出版してみたいと考えていることがうかがえます。



これは憶測の域を出ませんが、もしかしたら、被団協や原水協は、ローレンツ親子の出版の意思を尊重して、出版前の「手紙」の全文は一般公開しないことにしたのかもしれません。だから、国会前の演説でも、要約版のみが共産党の議員に示されたのではないかと考えることもできます。


■当ブログの方針



本日(2015.06.13)に至るまで、『ルイス』少年の『手紙』をこのブログ及び他の媒体に転載し、このブログに至っては17,000件以上のアクセスを頂いていますが、”転載元”より「非公開に」というコメントはいただいていません。もしかしたら、自主的に非公開にすべき、という選択肢があるかもしれません。しかし、当ブログは、できうる事実確認の作業は行っているという前提で、ルイス少年の書いた『手紙』は実在し、そこにはルイス少年或いはローレンツ親子の並ならぬ思いが込められている、いう認識のもとで、この記事の公開を継続してゆくことを選択し続ける所存です。